ジャンクな脳と記憶

レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

疲労は回復するのか?ベネクスネックウオーマー

子供の頃は限界まで遊び、その疲労が限界に来ると、まるでスイッチが切れるみたいに眠ってしまう。そして翌朝には何事も無かったみたいにまた駆けまわっている。 大人になるとその事を忘れ、 「子供は元気だなー」 なんて言ったりしてみるが、大人も大人、お…

欲望の果ての末にあるものは何?

ものを選ぶ時の幸福感は家に帰ると途端に忘れてしまう。 やっと手に入れた物も、家に帰って見てみると、案外好きじゃなかった。何てこと君にもあるのではないだろうか? 人間だって、あんなに仲が良かった夫婦が仲違いして別れてしまったり、友人と呼べた人…

まやかしの果実。フードトラップ

我々が普段口にしているものが、果たしてどのようなものなのかよく考えた事があるだろうか?街のスーパーやコンビニ、惣菜や菓子、レトルトに弁当。 それは何かに似ているが、実は全然違うものかも知れない。 マイケル・モスの著作「フードトラップ」はいか…

戦争の悲劇はミステリーを呼ぶか?深い疵。

ドイツでベストセラーになっているらしいオリバー&ピアシリーズで、タイトル 「深い疵」は読み進めるとその意味が分かるミステリーである。 さて、この手の海外ミステリーにありがちな、登場人物の多さにて好き好みが分かれそうだが、後半の怒号の展開には…

美女は死なない、ハンガーゲーム。

前知識なしで鑑賞したが、内容は「多分こうなるな」が最後までその通りな展開で、ある意味安心して見れる内容であったと思う。 いわゆる三日後には、どういう内容だったのか忘れてしまうものであり、心の一作には成り得ないというのが正直な感想だ。 本作は…

gear VR+Netflix。没入感ヤバイです。

2016年はVR元年だそうですが、そもそもVRなんてものは昔からあったものであり、そのコンテンツは永遠に未完成のまま、というのがVRというものである。 VR(ヴァーチャル・リアリティ)は広義な意味であり、最近の映画館に行くと4DXと呼ばれる体感型映画館が…

人間が感じる幸せは些末な事が多い

最近めっぽう寒くて、「その方が精神が引き締まる」なんて嘯いていたのだが、やっぱり寒いものは寒くて暖房器具に頼っているのですが。 先日、いわゆるスーパー銭湯に行ってきて露店風呂に入浴してきました。露天といっても四方は壁に囲まれて、見える景色は…

合理的な考えと人間という名の無駄。

ビジネスで合理化を望み、無駄な作業を軽減していく事は正しいとされる。確かに我々の生命時間は有限であるのだから、時間を節約して生産性を上げるのは理にかなっているように思える。 あなたがクリエイティブな仕事をしているならば、まさに時間は金であり…

好きでもなく、報酬も少ないのは誰のせいだ!

ブラックと呼ばれる企業が続出している。 それは今に始まった事ではなく、この国には元々そういう風習であったのだ。 ただ、報酬が減ったため、「労働環境は悪いけどそれなりに給料が貰える」あるいは、 「つまらない仕事だけど、毎年昇給もするし、退職金も…

誇りを忘れるべからず。インサイド・マン

いきなりアップの男の顔。 男は無精髭を生やして、心なしかやつれているようにも見える。 深く窪んだ眼窩は黒く疲れた色を醸し出し、顔色はすこぶる悪い。 彼はカメラに向かって、今の自分の状態を吐露する。 てな具合に始まる映画は、ハリウッド映画にある…

真っ直ぐに向き合えるか。川の深さは。

「亡国のイージス」で有名な福井晴敏のデビュー作品である「川の深さ」は文章の粗さがあるが、著者の理念が伝わる良作である。 作品自体はもう古いし、前述の「亡国のイージス」(未読)のほうが新しいしヒットしたので、本来はそちらを読むべきだろうし、お…

小売は奴隷なのか?

さて、正月休みも明けてサラリーマンの方は早くも憂鬱な気分になっている方も多いと思う。 逆に正月をあくせくと働いていた小売やサービス業の方は、ほっと胸を撫で下ろしている人も多いと思う。 正月売り出しが終わっても、代休が取れる会社は(恐らく)僅…

ゲームは正しいか?

まず前提として、私はゲーマーでした。だが、もう随分ゲームをしていない。当然PS4も持っていなければ、スプラトゥーンは知っているが、プレイしたこともないしこれからもしないだろう。 もう10年ほど前になってしまうが、コナミのウイニングイレブン(PS2…

先人の知恵は普遍か?

中国の歴史に「老子」がいる。どうやら「老子」は名前ではなく、その哲学者という意味合いであったらしい。 老子の書を紐解くと「タオ」という自然崇拝の意味が多く出てくる。自然の流れにおいては、人間もその一部逆らうことは苦しくなる事という意味を残し…

ザ・シューター

お正月という事で、イカれた連続殺人犯が跋扈するような動画は忌避されるものなので、スカッと爽快なアクション映画が良く似合うのでは、という事で「ザ・シューター」を今回は紹介する。 内容はお約束で、退役軍人の凄腕狙撃手が国家の陰謀に巻き込まれて・…

福袋について考える。

毎年正月になると、お約束の行事?の一つに「福袋」がある。通常福袋は中身がシークレットになっていて、買ったものが支払った金額より得かどうか楽しむものだと思う。 ところが、最近の福袋と来たら、中身が公開されているではないか(もちろんそうでないも…

正義は心の奥にある。リンカーン弁護士

今回は「リンカーン弁護士」を書く。 この映画、一言で言えば大人の映画である。ここで言う大人とはスケベな展開があるという意味では無く、あくまで見た後「まあまあ面白いな」と感じるものであり、派手でも無く、共感やセンスが良いものに感じる味のある作…

ハリウッド映画的なアクション小説 ジェームスロギンズ「ケルトの封印」

なんとなく絵が浮かぶ、これは映像化を意識しているのか?的な作品をポンポン出している「ジェームスロギンズ」の「シグマフォース」シリーズの6作目の作品にスポットを当てて見たいと思う。 このシグマフォースシリーズは、アメリカの特殊部隊であるシグマ…

ヘッドホン買いました。

前回のエントリーでヘッドホンが欲しいと書きましたが。その後ヘッドホンを購入しました。 何を買ったかというと、結局BOSEのQuietComfort25を購入しましたよ!。 こいつの性能については、いろいろと語られているのだけど、改めて自分の使い方を考えると素…

好きな事が人生の全て、ソース。

マイク・マクマナスの著書「ソース」を紹介したいと思う。 まず、あなたが今の仕事に迷いがあるのなら、この本は一つの答えを提示してくれるのではないだろうか?。 マイクは自身の体験を元に「ワクワク」することを突き詰めると何が起こるのかを紹介してい…

インターネットの功績と弊害(一側面)

今世紀最大の発明はやはりインターネットではないだろうか?知識の共有という意味合いでは、紙に記憶するという伝達方法が発見された以来の、大革命なのではないかとすら思える。 大げさの言い方かもしれないが、世の中のすべての事がほぼリアルタイムに記憶…

テレビという奇妙な箱

最近奇妙な売り文句を見た。それはシャープの液晶TVでキャッチコピーが「8K並の解像度の4Kモニター」という文々だ。 「・・・・・」 「・・・・・」 え? なんだよ、結局どっちなんだよ!的なツッコミは無しとしても、すごく興味が沸かない商品ではないだ…

年賀状という遺物

もうすぐ正月である。正月については語りたい事があるが、今回はその年賀状という遺物について語る。 年賀状といえば元旦につく所謂挨拶状で、大して意味もない事が羅列してある葉書なのだが、昔はそれなりの意味があったと思われる。 今より通信手段が貧弱…

どうしたコナミ。小島監督退社について考える。

おっさんゲーマーに好きなゲームメーカーを聞くと大体「コナミ」か「ナムコ」あるいは「任天堂」とか出て来るであろう。」ここで「トンキンハウス」とか「ケムコ」とかいう強者もいるかも知れないが、それはそれマイノリティな存在であろう。 ファミコン時代…

オヤジは何故不機嫌なのか?暴走老人化する前にブレーキ直しておけ!

元東京都知事である石原慎太郎氏が「暴走老人」と揶揄されたのは随分前であるが、この「暴走老人」というのが今世間で問題になっているらしい。 もともとおっさんやジジイに限らず、年を重ねると偏屈になるというのはあるだろうが、ニュースになるくらい「暴…

アドビクラウドはお腹いっぱい

アドビクリエイティブクラウドに加入しているのだが、こいつは多機能過ぎてハッキリ言って使いこなせない。どのソフトも学習コストが半端ないからだ。 全部入ってこの値段ですぜ!。的な発想で得する人もいるだろうが、以前CS3を使っていた頃でさえ、一回も…

超常現象の金字塔は健在か?Xファイル

口笛のようなシンセのモチーフが特徴的なテーマソング、90年台の流行でもあったオカルトブームの火付け役として誰もが一回は視聴したことがあるだろうXファイル。FBI捜査官のモルダーとスカリーのコンビが毎回奇妙な事件に巻き込まれながら、その真実を追…

テクノロジーが僕達を幸福にするか?

例えば、いまから百年も遡れば、世の中は同じ地球かどうか疑うくらい今の生活と違うだろう。あたりまえの事だが、生産力がムーアの法則ばりに上がっていた産業革命以降の生産力は、国民全体の生活の向上が目に見えてわかる時代であっただろう。 よくこの時代…

ヘッドホンを悩む

ヘッドホンを悩んでいる。何か集中したい時外部の音を遮断して作業したいと思うようになった。平日とか一人でいる場合は田舎なので、べつに気になることはないのいだが、夜間嫁とかがTVとか見ているとどうにも集中できない事があるからだ。 こういった事を言…

幽霊は真実の夢を見るか?ゴーストライター

映画「ゴーストライター」を見た。 中々スリリングな内容で、サスペンスとしてもとても面白かった。 主人公であるゴーストライターが元英国首相の自伝を書くために、元英国首相アダム・ラングの住むアメリカの孤島に向かう・・。 だが、その自伝を書く筈だっ…

時間が貯金出来たらどうなるだろう

この世で一番貴重なものと言えば、なんであろう?人によっては金であったり、はたまた愛なのかもしれない、海の向こうでは信仰と応える人もいるだろう。 だが、ホントは時間かもしれない。 どんな金持ちでもさすがに時は買えない。時は等価に流れているわけ…

深い森の奥は魔界なのか。チャイルド44

子どもたちは森へ消えていく、アンドレイ・チチカロはロシア共和国の連続殺人鬼、のべ52人の子供を誘拐して殺害した。 この殺人鬼がここまで凶悪な事件を連続して行えたのは、当時のソビエト連邦の暗渠とした社会主義が産んだ怪物であり、そもそもそんな事…

穴があったら入りたい?ルイスキッカー穴。

子供向けのものは、大人が考える子供向けとは大きく乖離している。 つまり、ベタな子供向けのものというのは、やはり子供の心に響かないのだ。子供は子供で政治的なものを喜ぶ必要はないし、結果子供が好きなものは、やや危険なものという事である。 これは…

男の願望なのか?鑑定人と顔のない依頼人

映画鑑定人と顔のない依頼人のレビュー、ネタバレはなし。おっさんの悲壮ばかり身につくが、実はハッピーエンドなのではないかと考察している。

熱い男の書籍はやはり熱かった。本気になれば全てが変わる。

松岡修造さんの名著。読めばその本気オーラ全開で元気になれる一冊を考察しています。

最高のサスペンス!キリング。

リメイク版のキリング20日の感想。一つの事件を丁寧に描く傑作ドラマなんです。

PS4に思いを馳せる。

PS3とPS4はそのコンセプトに大きな乖離があったように思える。 PS4が成功したのはゲーム機として売り出した結果なのではないだろうか。

男のファッションは難しい。ユニクロでも十分なのか?

デザインはオーソドックスなパーカーだが、値段以上の暖かさである。 90年台とかだと、ファッションはイコール経済力と深く結びついていた。その頃の安物は安かろう、悪かろうで、生地や質感に大きく差があった。 ブランド物が流行っていたのも特徴的で、何…

暖房の最強はどれだ。

ダイキン工業のうるるとさららはエアコンの中で唯一加湿が可能だが、できるのは最上機種のみとなるので注意が必要である。 2015年の気温はあまり低くない。観測史上もっとも暑い夏を得た2015は、暖冬という言葉を通り越して、おいおい大丈夫か?と思わせる暖…

君は充電器やモバイルバッテリーを気にしているか?製品の寿命はそれで決まる。

panasonicのモバイルバッテリー。過充電に対応したモデルである。 近所の百均に行くと、ライトニングケーブルやマイクロUSBなどのケーブルが激安で売られている。大概はアンペアが低い粗末なもので、充電に時間がかかる類のものなのだろう。 ネットショッピ…

くだらないニュース。大工が料金所で下半身を晒す。理由は褒めて欲しいから。

世の中でおっさんほど切ない人間はいないのかも知れない。さらに下ネタ系だとおっさんのしょうもなさが際立ってしまう。 さて、いまから下らないニュースの事を書く、あまりにくだらなくて辟易する人もいると思うが、普段は隠れている変態さんがうっかり表に…

今年、一番使用したのはキンドルHDXかも

画面はきめ細かく美しい。アマゾンのコンテンツを余すことなく堪能できるのではないだろうか。 タブレットとは、帯に短し襷に長し的な感じで結局道具としては微妙で、おもちゃの域をでないなあ、というのがもっぱらの評価であったが、その中でも用途を限定す…

健康な体は健全な心を生むか?脳を鍛えるには運動しかない

運動をしているほうが、勉強ができたり、ストレスに耐性ができたり、という事を科学的に立証している。 一日中デスクに向き合って仕事をしている人は多いと思うが、長時間座っていると体に悪いと言われている。 色んな健康を保つための指南書が出ているが、…

一流というのは、自分自身がそれになろうとするか。

一流とはなにか、自分の内面を磨くという事がどんなことなのか。 自分の事を一流と言う人は少ないであろう。 それは「謙虚」こそ美徳だ、と教えられた事が原因と思われる。 実際、自分の能力をひけらかすと、それは嫌味に聞こえたり、うんざりしたりするが、…

自分自身が宇宙です。心のもちかたで世界は変わる。

自己啓発本というより人生の指南書的な本書、自分に自信が無いのがすべてのイライラの原因とわかる名著です。 世の中が幻想である。この世界は超絶な存在が生み出した夢の続き、と説いたのは18世紀の作家ラグクラフトであるが、もしそれが真実であるなら、こ…

疲れていますか?自然をどうぞ。

秋の風は少しだけ寂しいですが、安らぎも与えてくれます。 最近はストレス社会と言う言葉すら、陳腐になってしまった。 それくらい、人は疲弊しているということだ。 テレビを点ければ、GDPを上げる事が至上命題のように政治家は言うが、それは液晶テレビの…

vaio S11(VJS1111) モバイルノートの逆襲なるか

デザインは以前のものを踏襲している。丁寧に造られているものはなんであっても美しい。 ノマドという言葉がある。 そういった言葉はロハスとかという言葉と一緒で言い換えただけだ。 フリーランスでもいいじゃないかとも思うが、そういった言葉を生み出すこ…

シンプルは正義スカーゲン

ここに、飲料が二つあったとする。 ひとつは、栄養価たっぷりの炭酸飲料、エナジードリンクだ。 もうひとつはただの水、いわゆるH2O、ミネラルウオーターだ。 あなたならどちらをえらぶだろうか?。 何となく体によさそうと思うなら、前者だろうか? 私なら…

師走という病

1月1日は世界的にも区切りのつける為の重要な日だ。 この時期となると、あちこちで師走だからという言葉が出ることが多い。 師走だから忙しい、という意味だろうが本当にそうなだろうか? 油ギッシュなおっさんから、その言葉が発せられる度(必要以上に)…

おっさんの処方箋。たいていの事は20時間で習得できる

さて、みなさんは根気があるであろうか?。 因みに私は全く無い、それは自信を持って言える少ない言い切りだ。 一般人の根気のパラメータが100あるとすれば、おそらく10位しかないように思える。さらに年を取るごとに絶賛下降中である。もう、2ぐらいし…