ジャンクな脳と記憶

気になる話題などを取り上げています。

「マインドセット」

皆さんは何かに向けて歩いていますか?以前は何かに向かって努力していたが、少し難解な事柄にぶつかり、そのまま挫折して、自己嫌悪に陥ったり、ひどく自己肯定感を毀損したような事はあるだろうか? キャロル・s・ドゥエック著「マインドセット」は再びあ…

「頑張らない戦略」

今回は「頑張らない戦略」を元に語る。この本のコンセプトは効率よく行う事で「頑張る」という無駄な努力をなくしていく、という事だ。 昔、試験勉強で頑張って何時間も勉強したのに、全く良い点がとれず、逆に遊んでいるように見える奴のほうが良い点を取っ…

生産性と自主性

今日は「生産性」と自主性について語る。どちらも日本企業が苦手とする分野ではないだろうか、未だに、FAXが幅を利かせていたり、上司が何となく個人の経験での物の言いよう(数字や分析をせず、ただ何となく命令を出す)そしてやたら忖度発言が多いようなら…

人生の意味とは

人生に意味はあるのか?あらゆる哲学や識者が人生の意味を語って来たが、人生とはそれはあくまで主観的な物であるから、その意味というのもやはり人それぞれなわけだ。だから第3者が意味を説いても、やっぱりピンとこないし、何となくこれが生きている意味な…

後回しにしない技術とは

はい、皆さん今日は人生で一番若い日です。やるべき事があるのなら、今すぐ取り掛かろうではありませんか。今回は「後回しにしない技術」と言う本を紹介する。 皆さんはどうでしょうか?子供の頃、夏休みの宿題は早く終わらせる方でしたか?私は最後の一週間…

やりたい事の見つけ方とは

今回は「やりたい事のみつけかた」をテーマに書いてみる。この本は具体的にその方法が書かれているが、読み終えた感じでは「やりたい事」を定義する事が大事であり、さらに仕事にするには、その内容をさらに深堀する必要がある。 個人的にはどんなに大好きな…

一日にあった事を書く、そして原因を考える。

本日は中々無礼な男に会った。その頭の弱そうな小太りな男は平然とため口を叩き、馬鹿にしたような言いぐさだったが、(無論無知なのはその男のほうだ)自分の知りたい事を無遠慮に聞きながら、聞いた答えが自分の納得いく答えではないと、そのような態度を…

自分が原因と考える

さて、今回は「自分が原因」という観念を考える。日常社会では、不確定要素がありすぎて予定通りにならない事は日常茶飯事であるであろう。ましてや、他人の因子が加わる事で、その確率はぐんと上がる。 その失敗は誰かがミスをしたせいであり、自分は完璧に…

自分を褒める事の重要さ

さて、今回は「自分を褒める」です。自分を褒めるとはどういう事か、字の通り、自分自身を承認する事に他ならない。 現代社会では、ありとあらゆるものが自分を否定してくる。町を歩けば、目につくのはコンプレックスを煽る広告ばかり、TVやWEBでもやっぱり…

メンタルタフネス

メンタルが強い人というのは、一歩間違えると我儘で傲慢になりかねないが、概ね社会の中でプラスに出る事が多いのかも知れない。 そもそもメンタルが強いとはどう言う状態なのか?。 何を言われてもめげない状態なのだろうか、めげないとはどういう事か 「反…

書評「整える習慣」

最近何かにつけて「整える」という言葉をよく聞く、体を整える、メンタルを整えるみたいな言葉が喧伝されている昨今、あらためてみんな疲れていると感じます。 そんなストレス社会にいろいろな啓発する情報があるのですが、いろんな意味でコンディションを整…

書評「ストレスフリー超大全」

みなさんごきげんよう、ご機嫌じゃない人も多々いるでしょう。そう、この世の中、どこへ行ってもストレスだらけ、「幸福」ってなんだっけ?と自問自答したくなるこのっご時世・・・いや、本当に「幸福」ってなんだろう? 「幸福」になりたいと誰かが言えば、…

書評「心」

先日、ある人を見た。その人は子供であったが、尊敬するに値する価値観を持っていた。 お目当ての物が売り切れで無く、明らかに見劣りする色のものしか残っていなかったのだが、彼らはこう言ったのだ。 「赤色を買いに来たけど、もう青色しか残っていないね…

書評「天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる」

いきなりですが、あなたは物覚えが良いですか? 私は無茶苦茶悪いです。 色々な物を覚えた心算でも、いざ思い出そうとしても、全然出てこず、結局再び参考書を見る、なんてことは多々あり、その際は本当に自己嫌悪が起きます。 そんな諸兄に朗報です。 今回…

書評「もう怒らない」ための本

皆さんは温厚ですか、私は温厚になりたいのですが、(最近は少し真面ですが)怒れるおっさんです。 一時期は怒りの精霊に取りつかれた如く、あらゆる事に怒りの矛先が向いていたのですが、いろいろな本を読み進めるうちに、あまり怒りが湧き出る事はなくなり…

書評「知性を鍛える 究極の筋トレ」

さて、皆様「筋トレ」していますか? 私はしています。「筋トレ」をしている兄貴たちには科学的根拠を、 まだ、「筋トレ」していない諸兄たちにはやる気を起こさせるために、この本を読もう。 死ぬまで自分の足で歩きたい。 歩けなくなる。健常者なら想像も…

映画批評「ノマドランド」

今回は「ノマドランド」を紹介する。 いや、この作品注意がいる。 独り者の寂しがりやは見てはいけない。 間違いない。 寂しすぎて悶絶するかもしれない。 さて、前置きはさておき、 ノマドランドとは、の前にウィキペディアで「ノマド」を調べると。 遊牧民…

映画批評「ザ・ハント」

今回は「ザ・ハント」を見ました。 この映画、知っている人が誰も出ていない、いわゆる低予算映画なんですが、不思議な魅力を持っていて、よくある題材の映画なんですが、 おもいきり予測不可能な点ではなかなか面白いと思います。 途中で、ああもう時間の無…

書評「しょぼい起業で生きていく」

今日はえらいてんちょうさんの著書「しょぼい起業で生きていく」を紹介する。 いきなりですが、皆さんは起業と聞くと、どう言う感想を抱くでしょうか? 成功する確率が低い。 失敗したら借金まみれ。 難しい。 資金が無いとそもそも無理。 とても根性がいる…

映画レビュー「蜘蛛の巣を払う女」

今回は久しぶりに映画批評をいたします。 映画「蜘蛛の巣を払う女」です。 これは大ヒットした「ドラゴンタトゥーの女」の第二作目にあたりますが、まず率直な意見として。 なぜ、リスベットが前作の役のルーニー・マーラではないのか! に尽きると思う。 *…

事始め

// サラリーマン人生を何年もやっていると、なんだかどうして働いているのか分からなくなると思う。 趣味である読書を通じて、無意識に自分の求めるものを改めて考えてみると、どうやら自分は相当怠け者のようだ。 ここ数年で読んだ本 ハッピークエスト 年収…

暴力的な映像は見るものを消耗させているらしい

the verge 2019年12月16日の記事から抜粋 もはやTVのような存在になりつつあるgoogleのyoutubeは、時にその自由さから、不適切な画像がアップロードされる事がある。Googleはそれらを監視するためにアルゴリズムを作っているが、実際に機能しているのは、委…

2019年に起きた災害は合計で15災害、それはそれぞれ10億ドル以上の被害をもたらした。

英誌BsunessDay 12月27日の記事より一部抜粋 // イギリスの慈善団体「クリスチャン・エイド」の発表によると、今年(2019年)に起きた災害は少なくとも15あり、うち7つは100億ドルもの損失を齎したという。 クリスチャン・エイドによると、今年は観測史上2番…

レトロゲーム探検記 ドラゴンクエストⅠ 

さて、今回は国民的RPG「ドラゴンクエスト」の第一作目を取り上げる。 とは言っても、今回私がプレイしたのは、スマホ版であり、これに関しては なんだよ、ファミコン版じゃないのかよ・・・・。 的な気持ちは十分理解していますが、手軽という言葉どおり寝…

レトロゲーム探検記②グニーズ その2

さて、だれも望んでない古すぎるゲームのレビューですが、恐らくかなりコナミに偏っています。それは当時のファミコンのゲームの人気は、ゲーセンで有名なメーカーこそが信用できるとされており、中でもコナミは抜群のセンスで頭一つ出ていたのだ(あくまで…

レトロゲーム探検記②グーニーズ その①

今回はコナミの名作グーニーズをお送りします。 さて、このグーニーズは元々は映画であり、シンディーローパーの有名なテーマソングで有名な作品なのだが、「ゲームは知っているが映画は知らない」という典型的なオタク少年であった私は、まあ原作の雰囲気を…

レトロゲーム探検記 悪魔城ドラキュラ③

さて、第二回からずいぶん時間がたってしまったが、何故かと言うと・・・。 下手すぎて、なかなかクリアできなかったからです!。 当時も5面から後は苦労した思い出がよみがえります。 友人のディスクシステムを破壊しようと思ったくらい、難しくてなかなか…

キャンプに行ってきました。

三重県の多気郡にあるキャンプ場に行ってきました。 誰もまだ、キャンプをしていなかったので、貸し切り状態でしたが、 その日は暴風&花粉の襲来で、 寒いは、くしゃみの連発でしたが、概ね楽しめました。 今回お邪魔したのはココ↓ seizanso.space 500円で…

search 現代の操作は椅子の上で

映画「SEARCH」を見た。 いきなり結論を述べると、大変面白いミステリーであった。 ・・・・ ・・・・ ・・・・ いや、ミステリーを語るのは非常に難しい。 これから視聴する人の事を考えたら、内容は話せないし、かと言って何も書かなければ、レビュ…

レトローゲーム探検記 悪魔城ドラキュラ その②

さて、前回に引き続きコナミの悪魔城ドラキュラを紹介していく、前回の続きという事で、3面から4面までを紹介していきますが、当時のファミコンソフトと言えば、かなりの難易度であり、この悪魔城ドラキュラも今プレイすると、結構嫌らしいステージ構成をし…