読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンクな脳と記憶

レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

電気は自炊?わがや電力。

わがや電力。ヨホホ研究所のWebページにて直販で販売中。 ヒッピーでミニマリストでライターという謎の人である「テンダー」さんの著書である「わがや電力」はテンダーさんが代表を務めるヨホホ研究所が発行している、いわゆる太陽光発電の本だ。 この本によ…

欲望の果ての末にあるものは何?

ものを選ぶ時の幸福感は家に帰ると途端に忘れてしまう。 やっと手に入れた物も、家に帰って見てみると、案外好きじゃなかった。何てこと君にもあるのではないだろうか? 人間だって、あんなに仲が良かった夫婦が仲違いして別れてしまったり、友人と呼べた人…

人間が感じる幸せは些末な事が多い

最近めっぽう寒くて、「その方が精神が引き締まる」なんて嘯いていたのだが、やっぱり寒いものは寒くて暖房器具に頼っているのですが。 先日、いわゆるスーパー銭湯に行ってきて露店風呂に入浴してきました。露天といっても四方は壁に囲まれて、見える景色は…

合理的な考えと人間という名の無駄。

ビジネスで合理化を望み、無駄な作業を軽減していく事は正しいとされる。確かに我々の生命時間は有限であるのだから、時間を節約して生産性を上げるのは理にかなっているように思える。 あなたがクリエイティブな仕事をしているならば、まさに時間は金であり…

好きでもなく、報酬も少ないのは誰のせいだ!

ブラックと呼ばれる企業が続出している。 それは今に始まった事ではなく、この国には元々そういう風習であったのだ。 ただ、報酬が減ったため、「労働環境は悪いけどそれなりに給料が貰える」あるいは、 「つまらない仕事だけど、毎年昇給もするし、退職金も…

福袋について考える。

毎年正月になると、お約束の行事?の一つに「福袋」がある。通常福袋は中身がシークレットになっていて、買ったものが支払った金額より得かどうか楽しむものだと思う。 ところが、最近の福袋と来たら、中身が公開されているではないか(もちろんそうでないも…

インターネットの功績と弊害(一側面)

今世紀最大の発明はやはりインターネットではないだろうか?知識の共有という意味合いでは、紙に記憶するという伝達方法が発見された以来の、大革命なのではないかとすら思える。 大げさの言い方かもしれないが、世の中のすべての事がほぼリアルタイムに記憶…

年賀状という遺物

もうすぐ正月である。正月については語りたい事があるが、今回はその年賀状という遺物について語る。 年賀状といえば元旦につく所謂挨拶状で、大して意味もない事が羅列してある葉書なのだが、昔はそれなりの意味があったと思われる。 今より通信手段が貧弱…

男のファッションは難しい。ユニクロでも十分なのか?

デザインはオーソドックスなパーカーだが、値段以上の暖かさである。 90年台とかだと、ファッションはイコール経済力と深く結びついていた。その頃の安物は安かろう、悪かろうで、生地や質感に大きく差があった。 ブランド物が流行っていたのも特徴的で、何…

シンプルは正義スカーゲン

ここに、飲料が二つあったとする。 ひとつは、栄養価たっぷりの炭酸飲料、エナジードリンクだ。 もうひとつはただの水、いわゆるH2O、ミネラルウオーターだ。 あなたならどちらをえらぶだろうか?。 何となく体によさそうと思うなら、前者だろうか? 私なら…

師走という病

1月1日は世界的にも区切りのつける為の重要な日だ。 この時期となると、あちこちで師走だからという言葉が出ることが多い。 師走だから忙しい、という意味だろうが本当にそうなだろうか? 油ギッシュなおっさんから、その言葉が発せられる度(必要以上に)…