読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンクな脳と記憶

レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

PS3は死んだのか?

 

 

今年のクリスマスプレゼントはPS4が一番人気ということらしい、今や子供に人気なのはWiiUや3DSではなく、少し大人びたハードPS4という事らしい。

ゲームのグラフィックが急激な進化を遂げた今の時代、画面は映画のようになり、そもそも操作すら必要なのか疑問に思う位になってしまった。

無論、それは正当な進化であり、今の時代当たり前の事なのだろうが、老ゲーマーの私にはゲームと言うのは、そもそも点取りゲームである以上、お花畑で蝶がひらひら棚引くゲームでも、数万人を強制収容所でガス室に送り込むゲームでも、ゲームの本質は変わらない、もっと言えば、ゲームの開祖アタリ社のポンと最新ゲームのバトルフィールドであっても同じものなのだ。

 

f:id:gummy2:20161213125953p:plain

アタリ社のポン。テニスゲームであった。

f:id:gummy2:20161213130017j:plain

PS4のバトルフィールド1。同じジャンルでの進化は、デジタルの世界では凄まじい。

 

PS4は所有していないが、その進化は極まっているのに違いない。確かに映像がゲーム性に直結するジャンルもあるので(レースゲームなど)新しい刺激を求めるゲーマー諸君は堪らないハードであるだろう。

 

で、私の愛機「PS3」だが、実は購入してから5年ぐらい全く起動していなかった。

私自体がゲームに時間を取れる暇が無くなってしまったのもあるが、そのグラフィックだけで売り込むその頃のゲームに全く興味が持てなくなっていたからだ。

しかし、もともとゲーマーであった私は、横目でPS4が値下げになるのを見ながら、(「PS3」をまったく起動していないのにも関わらず、だ。)購入欲を沸々と醸し出していたのだ、そして今年値下げを得た後、嫁の了解も得て購入しようと思い立ったのだが、、、)

欲しいソフトが無い。

事に気づいたのだ。最新のゲームを見ても、何か既視感が半端なくグラフィックがキレイなだけで喜ぶほど、私は初心では無くなってしまったらしい。

かろうじて欲しいと思ったのが、アーケードアーカイブスのダライアスであったが、

これではまったくPS4じゃなくてもいいんじゃ・・・。

と思い購入意欲も萎んでしまい、結局買うことは諦めた。

せっかくなので、「PS4」を立ち上げてみて(アップデートがかなりあった)一緒に買ったウイニングイレブンがどっかにいってしまったので、オンラインで幾つか購入してみることにした。

で買ったのが、

ワンダーボーイモンスターランド。

カプコンジェネ−レーション。

グラディウスV。

 

・・・PS3どころか、PS2でいいのではないだろうか?

 

ところが、このレトロゲームたちは実に具合がいい。

まず、

1. さらっと出来るので、時間がかからない。

2.設定や世界観を知らなくても楽しめる。

3.難易度が高いが、少しずつうまくなるのが分かる。

 

まず1だが、これは大人には重要で、TVを占拠してある程度時間がとれるには限界があり、高橋名人ヨロシク、1時間程度である。これぐらい短小のほうがいいだろう。

 

2はただ打つ、とか、ただ右に進んでいくというもので、マニュアルを見なくてもある程度進めるのが簡単で良い。ボタンが増えると操作を覚えるまでに投げ出してしまうが、それが無い。

 

3だが、以前レインボーシックスベガスをプレイした事があるが、私はその下手さにビビるくらいであった。何回プレイしてもオンラインで一人も倒せず、何回も殺されるひどいものであった。だが、横スクロールシューテイングはパターンが単純で、何回か繰り返すと少しずつ進めるようになる。

 

と、いうわけで最新ゲームはそれなりに面白さがあると思うが、忙しい現代人には中々時間の振り分けが難しく、枯れたゲーマーには、

枯れたハードがちょうどいいという結末でした。

買ったゲームは次回以降レビューしていきます。