ジャンクな脳と記憶

気になる話題などを取り上げています。

疲れた大人は見ちゃダメ!「プーと大人になったぼく」


 

 

 

ウォルトディズニーの超有名キャラ「くまのぷーさん」のその後を描いた作品だが、子供向けの作品をリアルに置き換えると、そこには大人ゆえの欺瞞と矛盾が生じて、無垢な子供時代に培った真っすぐさを失う事で大人になったという事が、分かっているようでわかっていない事が分かる映画である。

 

親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経ち、大人になったクリストファー・ロビンは、 日々仕事に追われ、会社から託された難題と一緒に時間を過ごせない家族との問題に悩んでいた。 そんなクリストファーの前に突然現れたプー。久々の再会に、喜びと懐かしい日々を感じながらも、 また仕事に戻らなければならないクリストファーに、「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」とプーは問いかける。 彼が忘れてしまった本当に「大切なモノ」を届けるために、プーと仲間たちは100エーカーの森を飛び出し、 彼が家族と住むロンドンに向うのだが・・・。 主役のクリストファー・ロビンを、『スター・ウォーズ』シリーズの名優ユアン・マクレガーが演じる。 『美女と野獣』のディズニーが「くまのプーさん」を実写映画化した感動の物語。

 

アマゾンプライムビデオからあらすじ

 

てな感じで、一人だけ大人になってしまった「クリストファーロビン」はあのころと変わらない、100エーカーの森の友人が目の前に現れても、それを「迷惑」と取る。

それは当たり前で、無垢な子供時代と違い、仕事を持った大人はいつだって第一優先は「仕事」であり、子供の頃に大事にしていた「友人」はもはや二の次になってしまったのである。

 

クリストファーの娘や森の仲間は言う「クリストファーロビンは「仕事」が一番大切なんだ」

 

ここで、世のお父さん達は声を上げて言うだろう

 

ちがうんだ!俺が働いているのはみんな家族のためなんだ!

決して仕事が好きなわけではないのだ、家族を養うため俺は第一優先を仕事にしているのだ。

 

だが、みんな気付いているのだ。本当は

 

成功と幸せは違う事を、

 

この「プーと大人になった僕」はとても切ない話だ。

誰だって、家族や恋人と一緒に居たいと願うのに、そのためにワークバランスを崩しながら、何時間も耐えて仕事をするのに、

仕事を重視するほど、家族は離れていき、

結果的に、何のために働いているのかわからなくなるのだ。

 

さあ、この映画を見たら家族と話をしよう、

そして一番大事なのは、きっと単純なものであるはず、

そして、それはそんなにコストはかからないと思うよ

本当に大事なものが手遅れにならないように

 

*映画はハッピーエンドなので、安心して鑑賞できますよ。地味にCGがすごい。

 

f:id:gummy2:20190108091324j:plain

クリストファーロビンとくまのプー

 

 

 

ジャンル:ハートフルコメディ

感動度   ★★★

おすすめ  ★★★★

気分 「仕事に疲れた時、家族と行き違いが多いとき」