ジャンクな脳と記憶

レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

世界は再び分断される。テキサス州などが「DACA」制度の段階的廃止を求める。

 

 

世界は当然分かれている。機動戦士ガンダムでは、地球は地球連邦として統一政府となっていたが、世界は未だ一つにはなりそうにない。

EUの分裂を始め、トランプ政権はまるで鎖国のような政策を標榜し、移民は閉ざされ、難民は行く所がない状態だ。

 


元々不公平な社会


 

当然、生まれた所が違うだけで、地球上に住む我々は同じ人間だ。えんどコウチの名作マンガ「死神くん」の国籍を捨てた地球人という回に出てくる、国籍がない青年が、国籍を尋ねられると、「国籍は無いが、地球人だ」と言う件があるが、それは同じ人間なのに恰も、人間でないような扱いを受けている人居ることに対する皮肉だ。

 

北欧のスウェーデンは過去は移民を受け入れて居なかったが、21世紀になって「人道的」な観点から、移民を受け入れて来たのだが、年々増える移民に、ついに経済が傾いて来たらしい。スウェーデンバリューと呼ばれる、手厚い福祉は移民も享受することが出来た事が原因のようだ。

だが、こういった政策は当然「美しい観念」としては正しいが、元々のスウェーデン人達からは当然批判が起きている。また、移民の多くは中東系や中国系が最近は多く、そういったゲルマン系の人種以外の移民が増えたことによって、差別が大きくなり、実際そういった移民達の失業率はとても高い。そうなる事で、移民との確執が大きくなり、トラブルが起きると、さらに溝が深くなるという悪循環に陥る。

 


アメリカに起きた非自由の国ムーブメント


 

ドナルド・トランプ氏が大統領になって、彼が移民に対してネガティブな発言を繰り返しているが、むしろそれがアメリカ国民の大多数意見という事なのだろう。

アメリカ国民(主に白人)は、経済や治安の不安を移民のせいと感じている所に、移民を排除するような政策を掲げたトランプはまさに渡りに船の状態であったのであろう。

だが、当然アメリカの経済や治安が全ての移民を排除したところで、解決するとはとても思えないが、因果関係をなにかの求めなければ、終わりのない袋小路に陥ったようなどうしよもない、閉鎖感になってしまうからだろう。

 


「DACA」廃止、メキシコの壁、入国の厳しさ、アメリカはもう自由ではない


 

「DACA」はオバマ大統領が導入した。親の世代が不法侵入をして、その後生まれたその子供を強制送還させることを猶予する法律だが、テキサス州などの7つの州は「DACA」の廃止を求めて、テキサス州連邦地裁に訴えを起こした。「DACA」をトランプ大統領は廃止をする方針を打ち出している。

 

移民の問題は複雑すぎてその是非は分からないが。アメリカが自分たちも元々は移民であった事を忘れ、新たなる移民を急激に締め出す方向にむかったのは、世界が国々の壁を再び固く閉ざしたように思える。

 

*まとまりが無い話になってしまったが、北欧の多くの国のように資源国が少ない人口となるべく単一に近い民族で構成する事こそ、安定しているのは確かな事であり、不公平な社会は、実は少ない個体で構成する社会には都合が良いのだ。(人道的には別として)したがって、アメリカ国民が思うように、トランプの政策は現代風ではないが、一側面では正しいので、彼は大統領になり、継続して政策を行っているのであろう。