ジャンクな脳と記憶

漫画、レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

ロックが死ねばギターも死ぬのか?ギブソン倒産危機に思う。

 

 

おっさんにはそのニュースはなかなか衝撃的ではなかっただろうか?ギブソンと言えば「レスポール」を擁する老舗ギターメーカーであり、そのギターは多くのロックファンやアーチスト達から支持されていた。

アメリカンな雰囲気と、高級感あふれるその「レスポール」は多くのアーチストによってフェンダーとともにギターの代名詞となったので、知らない方もその姿を見ると「ああ、あれね」的なものを感じるのでは無いだろうか?

 


畑違いに打って出るメーカーの難しさ


 

そのギブソンはバンドブームが終焉と共に、明らかに売上高が減っていった。が、今季でも売上高自体は12億ドルもあり、これだけ見ればなんら問題もないように思えるが、典型的な不採算な企業にありがちな、負債もかなりあるらしく、その返済の期限が間もなく迎える際、その額を払えるのかが今回の記事の倒産危機という意味だ。

 

ギブソンはギターに関しては申し分ない開発力を擁していたが、ジャスキヴィッツ社長の多角化の失敗により、窮地を迎えているとの事だ。

身の回りを見渡してみても、今やギターを趣味でかき鳴らしているのはもうあまり居ないのではないだろうか?ギタリストに憧れるのは若者(特に男子)であれば、一度は通る麻疹みたいなものだと認識しているが、今はギタリストに憧れるという若者は減っているのではないだろうか?

20年くらい前は、必ずと言っていいほどジャンプの背表紙の裏の広告に、レスポールやフェンダーの偽物のギターセットが通販で乗っていたし、バンドもしていないのにギターを所有している男は多かった。だが、楽器全般に言えるのだが、特別な興味が無い限り、それを習得するのにはかなりの練習が必要になる。色々な誘惑が多い現代に置いて、ギターを習得するのは中々一般的に難しくなっているのではないだろうか?

 


安易な多角化はリソースを失う。


 

このような事を、ジャスキヴィッツ社長が感じたのか知らないが、ギブソンは音響メーカーとして、ギター以外にも商品を開発しようとする。

オランダのフィリップスの音響部門を買収したり、日本のオンキョーに出資したりした。

だが、音響部門は門外漢がたやすく参入できるほど甘くは無く、当然中途半端な参入は失敗に終わる。この時の投資はギブソンに暗い影を落とすことになる。

 


本気で取り組まなければ、ただの無駄遣い。


 

ギブソンだけに限った話ではないが、経営者の気まぐれのような戦略で会社が傾く事はよくある。本業の業績が良くても、驚くほど儲かっていない会社はあるものだ。

それは多くはリサーチ不足なのと、2足のわらじを履くことで、限られたリソース(人員や資金だ)が分散してしまい、本業が疎かになってしまう。そんな風になってしまっていあにだろうか?

 


多角化は本来は悪いことではない


 

当然時代の流れとともに、その分野が衰退したりすることはあるだろう。事に趣味的な分類は流行り廃りが顕著のため、エコノミストたちはリスク回避のため、軸を幾つか持つことを進める。が、実際は本業以外の利益を上げる企業のほうが珍しいのではないだろうか?

 


何故ここにあるのか?


 

よく店にいくと、ジャンル違いのものが置いてある事はないだろうか?家電量販店などにいくと、まるでコンビニのような品揃えがしてあるところもあり、かと言ってコンビニやスーパーのような本気の品揃えかと思えばそうでもない、そんな店はあなたの家の近くにないだろうか?

家電大手の「ヤマダ電機」は数年前から住宅も扱うようになったが、安いイメージのヤマダ電機で「安そうな家」を買う家庭はどれだけいるだろうか?

ユーザーはそんなものを求めては居ないし、だったら家電をもう少しなんとかしろと思うのが普通だろう。現にヤマダ電機は「家電販売」以外の利益はほとんどなく、むしろ住設のほうは大きな赤字だという。無論、会社の体力があるうちに住宅メーカーに鞍替えするという構想をもっているのかもしれないが、他のハウスメーカーも馬鹿ではないので当然手を打って来るので、異業種であるヤマダ電機に果たして勝ち目があるのか不明だ。

 


ロックが死んでもギターは死なず


 

そのような世相を踏まえながら、ギブソンの生きる道はどこにあるのか?まず間違いなく縮小していく事は間違いないだろう。だが、「レスポール」ブランドは今でもギター好きには垂涎の的だし、その技術も確かなものだ。それに関しては、肥大化した組織を整理することによって存続可能であると見る。(レスポールの権利を売ってしまったら、終わりの様な気がする、東芝のように)そして然るべき人を雇い。慧眼がある人物によって厳選し、残ったリソースをその事業に本気で取り組むことによって活路が開けると思うのですが。

 

 Gibson ギブソン 2018年モデル エレキギター Les Paul Tribute 2018 Satin Gold