ジャンクな脳と記憶

レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

好きな事が人生の全て、ソース。

マイク・マクマナスの著書「ソース」を紹介したいと思う。

まず、あなたが今の仕事に迷いがあるのなら、この本は一つの答えを提示してくれるのではないだろうか?。

マイクは自身の体験を元に「ワクワク」することを突き詰めると何が起こるのかを紹介している。

このワクワクは、自身の幸せの尺度になりうる事であり、マイク自身も仕事で成功といえる立場にいながら、それが望んだものでない場合、報酬をもらっても不幸であったと述べている。

つまり、貧乏でも認められなくても、好きで好きでたまらないものを続ける事が人生の最良である、という事なのだ。

「いくら好きだって、食えなきゃ意味は無い」

的な発言は良く聞くことである。だが、いくら腹いっぱい食えたところで奴隷のような仕事を毎日何時間も繰り返す事が、幸せであるわけがないであろう。

 

マイクは言う。

好きなことを突き詰めていけば、いずれそれが仕事になっていく。そして大きな収入を得ることも難しくない、と。

もちろんそうでないものもあるだろう、好きで好きで堪らないものが必ずしも経済的に成功するものばかりではないだろうし、現実問題家庭の事情で思い立てない人もいるだろう。

だが、このソースの本に書かれているのは「真実」だと思う。何でも極めればそれだけで価値が出来るものなのだ。そしてそれらは意識せずとも、好きだから続けた結果そうなったという場合も多いはずだ。

 

よく飯も食わずにそれに熱中するという事が例えにあるが、だれしもそういった経験があるであろう。それは子供の頃に夢中になった本やゲームかもしれないし、中には人に教える事が好きとか、片付けが得意で片付けをいつもしている、みたいなものかも知れない。そのようなものがあるなら(誰でもある)その道を深く掘り下げる事が、自分の人生を豊かにするヒントになる可能性がある。

 

だが、それは偽りの「ワクワク感」かも知れない。マイクは言う、この偽物はまるで本物のような素振りをするので、注意しなければならない、と。

確かにコレが好きなような気がする的な感覚でそれを行っても、長続きしなかったり、成長しない事があるだろう。それを思い込みで進めると、いろいろ失敗する可能性がある。だから心から好きなことでなければ、それを極めることなど、ましてやそれで食っていく事など不可能なのだという。

 

確かに、自分が何が好きなのか分からないという人が多いと思う。あるいは、その好きにさえ「疑念」があって自分自身を信じることが出来ない人は多いと思う。

また、周りの雑念がそれを揺らがす事もあるだろう。

「そんなの無駄だ」

「出来っこない」

そうかも知れないが、そもそも自分が好きな事であるなら、あまり関係ないのであろう。だって好きならどう言われても、それをやってしまうのだから。

どうせやるなら、とことんやればもしかしたら「金」になるかも知れないし、そうでなくても、好きなことが上達すれば、それはそれ幸せなんじゃないだろうか?

 

ちなみにこの「わくわく」をこの本では「ソース」と呼んでいる。

 

私もこのブログはこの「ソース」に則って書いている。全然読まれないが、そもそもそんな事より、書いていたいので問題ないのだ。