読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンクな脳と記憶

レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

場外乱闘だ!タッグチームプロレスリング

f:id:gummy2:20150424121135p:plain

ナムコが発売しているが、クレジットにはデーターイーストの文字が・・・。個人的には好きなメーカーだが、世間的にはB級作品ばかりのイメージだ。

まだ、ゴールデンタイムにプロレス中継が行われていた頃、プロレスは子どもたちに間で好きなスポーツの一つと数えられていた。(当然今でも好きな人はいるだろうが、今では見る機会がめっきり減ってしまったので、プロレスが好きと言うと、助平な女子プロ好きと、マッチョな男好きな危ないやつをイメージしてしまう)

私もプロレスはあまり詳しくないが、タイガーマスクやアントニオ猪木、タイガー・ジェット・シン(子供の頃はあのサーベルとターバン姿はマジで怖かった)ハルクホーガン、バンバンビガロ、ビックバン・ベイダーくらいは知っている。

 

テレビカメラの前で血だらけになっているレスラーに、

「おいおい、大丈夫かよ」

「これはテレビで放映していいのか?」

などの疑問が湧き上がる、内容であった。だが、そんなプロレス中継も熱狂的なファンを創りだしてしまうのが、その常ということだろうか。

 

私の同級生に「ごりんじゅう」というアダ名の男がいたが(ごりんじゅうはその通り御臨終の意味だ)そいつは今まで見た中で一番のプロレスバカであった。

彼は事あることにプロレスの話題をふっかけ、自分がどれだけプロレスを愛しているかを人に説いていた。また、彼は大人になったら新日本プロレスに入団することを周りに吹聴しており、どうやらそれは、かなり本気だった。

そんな「ごりんじゅう」は日々プロレスの雑誌を読みふけり、友達相手にプロレス技を講釈し、その大きな夢を語るにいて、通信販売でプロレスのパンツまで買い込み、集合写真には必ず両手を構える、プロレスのポーズで映り、どうやったら新日本プロレスに入れるかを調べるに至った。

しかし、彼は身長が低く、体格も痩せ型で誰がどうみてもプロレスラー向きでは無かったし、おまけに帰宅部であった。

いわゆる中学生にありがちな、思い込みの拗らせと言える状態であったが、彼の場合より深刻な問題を抱えていた。

つまり、彼はかなり本気であった事である。

そんな彼にも悩みがあった。

 

それは自分には必殺技が無いという事である。

 

どんなレスラーでも、必ずウリの技が存在する。それが、ラリアートとか、ジャーマンスープレックスであったり、ただ口に含んだ毒(おそらくだだの水)を吐き出すものまで、ショーであるプロレスを大いに盛り上げるためには必ず必要なものだ。

 

当然ごりんじゅうはスポーツが得意なわけもなく(むしろ喧嘩は弱かった)技を繰り出すアイデアも乏しかった。

だが、当時彼はボウズ頭であったのだが、恐ろしいほどの石頭であり、プロレスごっこの際にはその頭突きが一番恐れられた。その事から彼の友人Kが、

「おまえの頭突きを食らったら、御臨終だよ」

と言った事から、彼の必殺技は、

「ごりんじゅう・ヘッドバット」と言うことになり、彼の呼び名もそのまま「ごりんじゅう」となってしまった。

 

かくして、ごりんじゅうは必殺技を手に入れ、同時にリングネームが決まって、更に妄想が激しくなっていくのである。

 

また、ある日ごりんじゅうが学校に来ると、前歯が二本欠けていた。クラスメイトはきっとごりんじゅうが激しい戦いで二本前歯を失ったのであろうかと感くぐったが、どうやら風呂場でコケて顔を強打したらしい。だが、その前歯事件はごりんじゅうが戦った際の名誉の負傷として、クラスメイトの中では認知された。(今でもそう思っている奴もいると思う)

 

そんなごりんじゅうは、まさかの高校には進学せず、格闘家になると言い出し、勝手に履歴書を新日本プロレスに送ってしまったが、どうやら子供の戯言と受け止められ、

「応援ありがとう」的な手紙が来ただけだったと言うから、なんとも言えない気持ちになってしまう。

そんなごりんじゅうは時折、本屋で格闘技の本を立ち読みしている姿が見られたが、実家が引っ越してしまい、その後は姿を見ていない。

いつか、プロレスラーで「ごりんじゅう」というレスラーが出てくるのではないか、と気にはしているのだが、今のところそのような名前のレスラーは居ないようである。

 

あ、タッグチームプロレスリングの話をひとつも書いていない!

 

f:id:gummy2:20150424121322p:plain

リッキーピンチ!場合によっては相方が助けに来てくれるが、ただ傍観してる場合も・・・。