ジャンクな脳と記憶

漫画、レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

レトロゲーム探検記 ドラゴンクエストⅠ 

f:id:gummy2:20190411163541p:plain

 

 

 

さて、今回は国民的RPG「ドラゴンクエスト」の第一作目を取り上げる。

とは言っても、今回私がプレイしたのは、スマホ版であり、これに関しては

なんだよ、ファミコン版じゃないのかよ・・・・。

的な気持ちは十分理解していますが、手軽という言葉どおり寝っ転がってプレイできる本作はまさに経験値上げがほぼすべての本編に対して、かなりのアドバンテージがあり、かつ隙間時間に出来る(隙間時間にプレイできるゲームなど!言語道断!ゲーム好きなら、寝食を削ってでもプレイしやがれ!)ので今回はチョイスしました。

 

 

画面もスーファミなみのグラフィックなので問題なし、ただタッチパネルはどうもなれませんが、アクションゲームではないので、まあ良しとします。

 

f:id:gummy2:20190411163714p:plain

 

お約束のBGMとタイトルの後、名前を決めていざスタート!

このセリフ回しが堀井雄二節でとても良いです。

 

f:id:gummy2:20190411163944p:plain

町や城を訪れ情報収集します。この町の人と話す事が出来たのは、このドラゴンクエストが最初だったと思います。当時マイコンベーシックマガジンで見ていたパソコンのRPGなど、あこがれのRPGがファミコンでできるという事が何よりも画期的でした。

 

f:id:gummy2:20190411164218p:plain

今では当たり前のパーティシステムは無し、主人公はタイマンでモンスターと戦います。今プレイするとモンスターの数の少なさに驚きます。

f:id:gummy2:20190411164346p:plain

まだ日本にファンタジーが馴染みが無いころでしたので、吟遊詩人の意味が分からなかったが、今こうしてプレイしてみると、ネーミングセンスや確立した世界観に驚きます。

f:id:gummy2:20190411164550p:plain

f:id:gummy2:20190411164627p:plain

アレフガルドを旅しながら、勇者として練度を上げていく主人公。各地に秘められた秘密、王女の奪回、町の番人ゴーレムとの闘いなど、ドラマもあります。

f:id:gummy2:20190411164828p:plain

そして竜王との対決!禍々しい竜王の城の奥に棲むラスボス、ここからボスが2段階に変化する歴史は始まっていたのです。

f:id:gummy2:20190411165027p:plain

f:id:gummy2:20190411165108p:plain

竜王を倒し、「光の玉」を奪回した勇者。それによって世界は平和が訪れました。勇者はアレフガルドの王になる事を拒み、王女を連れて新しい旅に出かけます。

f:id:gummy2:20190411165240p:plain

 

感動のエンディングです。

スタッフロールが流れる映画的演出に当時の子供たちは、いたく感動したものです。当時のゲームはエンディングが無く、また振り出しに戻るか、簡単な1画面のエンディング画面しかなかったから、ドラゴンクエストの完成度の高さに驚いたものです。

 

   

総評

 

ドラゴンクエスト1は当時の技術で最高峰である事は間違いないが、子供相手の商売なのだが、優れた作品は子供向けであっても大人が楽しめる仕様となっており、本作はその大人が楽しめるゲームである事は間違いないだろう。

そして、ゲームというジャンルが他のエンタメに決して劣っていない事を証明したのではないだろうか。

 

   

レトロゲーム探検記②グニーズ その2

f:id:gummy2:20190328173953j:plain

 

さて、だれも望んでない古すぎるゲームのレビューですが、恐らくかなりコナミに偏っています。それは当時のファミコンのゲームの人気は、ゲーセンで有名なメーカーこそが信用できるとされており、中でもコナミは抜群のセンスで頭一つ出ていたのだ(あくまで主観ですが)そんなわけで、グーニーズも後世に残る名作ではないかと(言い過ぎ)

 

ステージ4は釣鐘の仕掛け

f:id:gummy2:20190330203131j:plain

この釣鐘に当たると一発でアウトであり、当時インディジョーンズが流行っていたので、こういった仕掛けに胸躍るのであった。

f:id:gummy2:20190330203257j:plain

 

ステージ5は有名な滝が流れるシーン

 

f:id:gummy2:20190330203403j:plain

 

この辺りになると、かなりマップが複雑に、つながりが複雑になるので同じところを言ったり着たり、特殊アイテムが無いとかなり難しい。

f:id:gummy2:20190330203507j:plain

5面はチュー太郎ではなく、タコが爆弾を落とします。ちなみにリュックがないと爆弾が二つ持てません!

 

最終面はあっさり

f:id:gummy2:20190330203654j:plain

 

最終面は海賊の船での戦い、とは言っても女の子を助ければ終了。髑髏の扉には海賊のお宝が入っています。

   

f:id:gummy2:20190330203801j:plain

 

ヒロインを助けて晴れてゲームクリア。

 

f:id:gummy2:20190330203844j:plain

 

グラデーションが美しいエンディング。映画見ていないからイマイチ誰が誰なのか不明だが、そう言葉は要らない。さわやかな夕日があれば・・・・。

 

総評

 

グーニーズは間違いなくコナミが生み出した名作である。少ない容量で飽きさせない演出と、簡単な操作性、分かりやすいルール。そして上級者には隠れキャラなど、今プレイしても断然に面白いソフトです(ただし、おっさんに限る)

今回は割愛しましたが、数々の隠れキャラがいるので探すのも楽しいが、ノーヒントでは難しすぎるので、攻略サイトをみたほうがいいかも。

現在ではグーニーズの版権をコナミが所有していないと思うので、リメイクも出ないと思いますが、良き時代を堪能できる優良ソフトでした。

 

 

レトロゲーム探検記②グーニーズ その①

f:id:gummy2:20190328173953j:plain

今回はコナミの名作グーニーズをお送りします。

さて、このグーニーズは元々は映画であり、シンディーローパーの有名なテーマソングで有名な作品なのだが、「ゲームは知っているが映画は知らない」という典型的なオタク少年であった私は、まあ原作の雰囲気をよくだしているよね!的な発言で通ぶって生きていたが、スイマセン見た事無いです、その映画。

 

本当の事を言うと、映画「グーニーズ」を見に行こうとしていたのだが、ある事情があり私は視聴する事が出来なかったのである。その事情とは、

 

その日私は友人と隣町にある映画館に映画を見に行く約束をしていた。もちろんタイトルは「グーニーズ」である。

当時私が住んでいた町には映画館が無く、比較的栄えていた隣町の駅前にある松竹系の映画館に行く手筈になっていたのだ。

土曜日の午後、友人と駅で待ち合わせしていたのだが、私はまさかの一時間も寝過ごしてしまい、駅に着いたときはもう友人は出発した後であった。

私は後を追う形で電車に乗り込み、隣町の駅についたのだが、映画の上映にはまだ1時間ほどあった。

私はある場所に向かう事にしたのだ。

それは「キャロット」であった。

当時ナムコ(現バンダイナムコホールディングス)には直営店のゲームセンターがあり、その名前がキャロットであったのだ。当時のゲーム少年達にはキャロットは聖地とされ、その町に来たら、必ずそこに訪れなければならないのが掟であったのだ。

 

てなわけで、私は先に行った友人がキャロットにいる事を踏んで、駅から少し離れたキャロットへ向かったのだが、そこには案の定友人たちがいたのだ。

キャロットには雑誌でしか見た事がないゲームが犇めいていて、なかでも所謂「お兄さん」たちがプレイしているゲームは難しそうだが、とてもおもしろそうなものばかりで、私はそのプレイを見て回っていた。

そして、順番待ちをしている筐体が幾つかあり、(友人もそこにいたのだが)そこにはナムコの「ドラゴンバスター」がおいてあり、こぞって人々がプレイしていたのだ。

私もその輪の中に入り、我を忘れてそのゲームに百円を投入していったのである。

 

・・・・・

・・・・・

もうお察しの方がいると思いですが、そうです私と友人たちは、あろうことに映画代をすべて「ドラゴンバスター」に注込み、映画を見る事が出来ず、更に帰りの電車賃も使い込むという事をやらかして、日の暮れた道を歩いて帰る羽目になったのだが、帰りに友人が呟いた

何しにいったんだろう・・・

という言葉を思い出す次第です。

 

 

 ステージ1は小手調べ

 ゲームは主人公であるマイキーを操作して、捕らえられた仲間を救出して、隠されたカギを集め、出口を目指すというもの、マイキーの操作はサイドビューで左右に動き、しゃがむ事が出来る。またBボタンでジャンプをして、Aボタンで攻撃(キック)をします。しゃがみながらAボタンでアイテムを利用する事も可能。

f:id:gummy2:20190328174359j:plain

ステージ1。画面左下にあるのがゲートであり、ガキが集まったらそこに触れるとゲートが開き、次のステージへ行ける。

f:id:gummy2:20190328174512j:plain

ネズミは敵キャラであり、触るとダメージ。倒すと何故か爆弾を落とすので、骸骨の扉の前で仕掛けると扉が開いて、捕らえられた仲間やアイテムが手に入る。

 

ステージ2は少し複雑に 

f:id:gummy2:20190328174647j:plain

画面右上のどくろのゲートは他の場所へ繋ぐ扉であり、ここを潜る事によって幾つかにわかれたマップを行き交いする事になる。

f:id:gummy2:20190328174859j:plain

ギャングも登場、こいつは離れると子供相手に銃をぶっ放してきたり、何故か剛田武(ジャイアン)ばりに歌で攻撃してくるものもおり、更に倒しても蘇る無敵キャラなのでやっかいなのです。

f:id:gummy2:20190328175110j:plain

ステージ2をクリアすると、いきなり洞窟に、得体のしれない怪物たちがマイキーの行く手を阻みます。

 

ステージ3は亡霊大発生です

f:id:gummy2:20190328175212j:plain

ステージ3は水道管の上を渡りながら、ステージを闊歩します。画面中央にはどうやら海賊の幽霊らしいものがいますが、ただ直線的に動くだけで何だかよく分かりません。

なんだか万歳しているみたいにも見えますが、きっとそうではないのでしょう。

このステージはこの亡霊が大量発生するので、地味にめんどくさいです。

 

ステージ4はトラップが派手です

 

f:id:gummy2:20190328175552j:plain

 

その②に続く

 

 

レトロゲーム探検記 悪魔城ドラキュラ③

f:id:gummy2:20190224205837j:plain

さて、第二回からずいぶん時間がたってしまったが、何故かと言うと・・・。

下手すぎて、なかなかクリアできなかったからです!。

 

当時も5面から後は苦労した思い出がよみがえります。

友人のディスクシステムを破壊しようと思ったくらい、難しくてなかなかクリアできなかったのですが、皆で一機ずつプレイして、最後のドラキュラを倒したときは感動のひとしおだったのだけれども、今プレイすると難易度が高すぎて、おっさんは全然クリアできない現実が待っていたのです。

しかも、当時の仲間はもう悪魔城ドラキュラなどを一緒にプレイしてくれる暇人は皆無であり、嫁に画面を見せたら

画面がショボくて見るに耐えない・・・・

的な発言で、

「いや、この当時のグラフィックはね、同時には4色しか出せなくて、しかもスプライトは4つ以上並べるとチカチカしてしまうので・・」

と言ったところで、気まずい雰囲気が流れるだけだろう。

   

4面は陰鬱な地下牢

f:id:gummy2:20190323204100j:plain

 

 拷問を思わせる地下牢が続きます。骨が高く積まれ、ここで何人もの犠牲者が生贄にされた事が伺えます。

f:id:gummy2:20190323204314j:plain

何かの実験室みたいな風景、ここで何者かが得体のしれない怪物を生み出していたのかも・・・なんとなく「ルパン三世・カリオストロの城」を思わせます。

f:id:gummy2:20190323204445j:plain

4面のボスは死神。死神は慣性の付いた鎌をブーメランのように追尾させながら攻撃してきます。悪魔城ドラキュラでのボスキャラの中で1.2を争う手ごわいキャラクターです。蛇足ながら、死神のグラフィックがカッコいいです。

当時のコナミは黒の使い方がとてもうまく、少ない色合いで見事に死神を現しています。

最終面は城壁、そして城の主の正体は・・・

f:id:gummy2:20190323204809j:plain

いよいよ、クライマックスです。城の最上階には何が待っているのか。

f:id:gummy2:20190323204858j:plain

崩れた城壁に出たシモン。敵は1面のボスである巨大蝙蝠が何匹も待っていますが、こいつは真面に戦ってはダメで、ジャンプを駆使して躱していきます。

f:id:gummy2:20190323205033j:plain

何とか蝙蝠をやり過ごして、ライオン?の扉を潜ります。

f:id:gummy2:20190323205211j:plain

城壁の中に入ると激しい骸骨の攻撃が、はじかれて下に転落する事何回も・・・本当にここはムズい。

f:id:gummy2:20190323205403j:plain

時計塔に続いているのですが、背むし男と大鷲は地形を無視して突っ込んで来るので、ここは懐中時計にて時を止めるのが吉!掛け声はもちろん「ザ・ワールド!」*1

f:id:gummy2:20190323205700j:plain

いよいよドラキュラとご対面。部屋の入口には大きな三日月が浮かんでいます。ようやくここまで来た、そして「待たせたな!」

f:id:gummy2:20190323205819j:plain

ドラキュラ登場、3方向に火の玉を吐いてきます。タイミングよくジャンプして直ぐ鞭をたたき出してダメージを与えます。ちなみに当たり判定は頭のみ。

f:id:gummy2:20190323205932j:plain

ドラキュラはワープを繰り返すので、体当たりを気を付けないといけません。鞭で与えるダメージは一つずつなので、なかなか根気がいります。

f:id:gummy2:20190323210056j:plain

やっとこさドラキュラを倒すと、なんとその正体は巨大な悪魔であった。まるでウィザードリィのグレーターデーモンのようなその姿に、初めて見たときはとても興奮した思いがありますが、聖水で動きを止めて鞭でしばくと、結構簡単に倒せます。

「威張っているやつは、案外そんなもの」現実社会でもそんなもんです。

f:id:gummy2:20190323210357j:plain

そして感動のエンディング。崩れ行くドラキュラ城をバックにスタッフロールが流れます。今のゲームのエンディングと比べるべくもないですが、ちゃんと纏まったエンディングで今でも感動します。

 

総括

さて、コナミのディスクシステムの名作「悪魔城ドラキュラ」を三回にわたって掲載してきましたが、今プレイしても面白いよくできたアクションゲームでした。

マリオのような「ニコニコ」した優等生ではなく、どことなく大人びた雰囲気を見事なグラフィックと音楽で盛り上げてくれたコナミは本当にすごいと思います。

「悪魔城ドラキュラ」は色々なハードで今でもプレイできるので、当時を知らない人でもプレイしてみてはいかがでしょうか?

ちなみにブラムストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」も読みましたが、全然別物でした。しかもドラキュラがかっこ悪いという事で、原作より雰囲気があるという結論で締めたいと思います。

 

 

*1:ジョジョの奇妙な冒険の3部に出てくるスタンドの名前、時を止める事が出来る。

キャンプに行ってきました。

三重県の多気郡にあるキャンプ場に行ってきました。

誰もまだ、キャンプをしていなかったので、貸し切り状態でしたが、

その日は暴風&花粉の襲来で、

寒いは、くしゃみの連発でしたが、概ね楽しめました。

今回お邪魔したのはココ↓

seizanso.space

500円で民宿にあるお風呂も借りれます。

トイレも綺麗に完備されており、キャンプ場はこじんまりとしているますが、管理人の方も大変親切で、また来たいと思わせるキャンプ場でした。

 

ちなみにキャンプは久方ぶりでしたので、いろいろ発見がありましたが、

今の着火剤は大変優秀であり、焚火をしたのですが、直ぐ薪に火がついて火おこしはラクでした。

椅子やテーブルがを用意しなかったので、立食となりましたが、大変楽しかったが、

テントの中の寝袋だけだと、背中が大変痛いので、みなさんマットを用意しましょう。

 

f:id:gummy2:20190321202023j:plain

焚火台に火をくべると、何だか野生に戻ったような安ど感が訪れます。

海外の人が暖炉に癒されるのが分かるような気がします。やはり、火は原始の時代から神聖な物として扱われて来た、それは恐ろしいけれども、うまく利用すれば、果てしなく便利に使えるものとして、エネルギーが発生するその力を垣間見る瞬間なのではないだろうか。

 

BBQも行いましたが、ほっと火を見ながらあたたかいコーヒーを飲む瞬間は、何事にも代えられる幸福な時間でした。

冬のキャンプは寒いけど、虫がいないので(人もいないので)お勧めです。

 

 

帰りに伊勢神宮によって名物「赤福餅」を頂きました。

f:id:gummy2:20190321202651j:plain

おまけ、馬がいました。

馬はなんか悲壮感が溢れていましたが、何故?

 

f:id:gummy2:20190321202754j:plain

   

search 現代の操作は椅子の上で

 

 

 

映画「SEARCH」を見た。

いきなり結論を述べると、大変面白いミステリーであった。

・・・・

・・・・

・・・・

いや、ミステリーを語るのは非常に難しい。

これから視聴する人の事を考えたら、内容は話せないし、かと言って何も書かなければ、レビューに全くならない。

かの松尾芭蕉は、宮城県の松島を訪れた時

松島や

ああ松島や

松島や

と唄を読んだとするが(実際には松尾芭蕉ではないらしいが)

私も

 

SEARCHや

ああSEARCHや

SEARCHや

とか言ってしまえばいいのだろうか?

 

てなわけで、内容を引き戻すと

女子高生が行方不明になる

女子高生の父親が娘を探す

やがて警察を巻き込んで事件は大きくなっていく

その過程で女子高生の奇怪な行動が父親を混乱させていく

 

てなわけで内容自体はよくある失踪系の物語なのだが、

物語に使われているガジェットが、

SNS

ナビ

デジカメの写真

など、現代のアイテムがふんだんに出てきて大変楽しめた。

 

だが、恐ろしいのはSNSの発展で、ある程度素人でも誰かを追跡する事が可能である事がこの映画を見て分かったが、それは昔でいえば日記であったり、手帳であったわけだから、べつに変わったわけではないと思うが、大きく違うのは、昔であればローカルな日記なら他人が干渉する事は無かったのだが、SNSなら大いに他人の干渉があるという事だ。

また、この映画は最初に重要な物を提示しておいて、後からそれがかかわって来ると言う手法を取られていたり、思わぬところに仕掛けがあって、後から「おお」となる部分が多い、後半は怒涛の展開にまたしても「おお」と思ってしまう事、間違いなし。

 

見終わると、結局真実は「単純」なものであり、それを何らかの力が捻じ曲げる事によって、物語が複雑に見えるという事であった。

 

映画「SEARCH」大変大変面白いので、「ユージュアリ・サスペクツ」が好きな方はきっと気に入るのでぜひ視聴してみてください。

 

 

レトローゲーム探検記 悪魔城ドラキュラ その②

f:id:gummy2:20190224205837j:plain

 

さて、前回に引き続きコナミの悪魔城ドラキュラを紹介していく、前回の続きという事で、3面から4面までを紹介していきますが、当時のファミコンソフトと言えば、かなりの難易度であり、この悪魔城ドラキュラも今プレイすると、結構嫌らしいステージ構成をしているものの、スーパーマリオ3みたいにカセットを怒りのあまり、火にくべるような事はなく、何度もプレイすれば何となく進んでいくが、当時のゲームらしく、パワーアップを失った状態であると、全く歯が立たない場合が多く、あまりコンティニューの意味がないように思える次第です。

では、プレイしていきましょう。

 

 

3面は美しい庭園

f:id:gummy2:20190228184004j:plain

ギリシャ風の石像と、相変わらず嫌らしいせむし男。シモンは4方向しか向けないので、縦横無尽に動き回るせむし男は厄介である。

f:id:gummy2:20190228184152j:plain

途中で崩れた端を渡る事になりますが、ここでの最強の敵はカラスであり、身を呈して体当たりしてくるので、吹き飛ばされて落ちてミス!的なことがよく起こります。いや、しかしカラスと言いメデューサと言い、空飛ぶ敵は厄介です。

 

f:id:gummy2:20190228184511j:plain

橋を渡ると3面のボス、双子のマミーが出現、自らの包帯を投げてきます。ひたすら鞭で攻撃すると、難なく倒せます。

 

 

4面は地下道

f:id:gummy2:20190228185017j:plain



この辺りから急に難易度が上がります。敵にやられるというより、敵に体当たりされて水に落下してミスというパターンが多し、この地下道はカラスと半魚人の複合技が半端無いです。

f:id:gummy2:20190228185032j:plain

鬱蒼とした地下を抜けると、地上に出ます。大鷲がせむし男を落下させてきますが、鞭が最高になっていれば何てことないですが、一度ミスをして再スタートだと、結構やっかいです。せむし男は早めに処理しないと繁殖して、手が付けれません。

f:id:gummy2:20190228185234j:plain

ステージ最後には骨のドラゴンが待っています。こいつは口から火を吐きますが、間合いを取れば簡単に倒せますが、やはり鞭が短いままだと苦労します。

f:id:gummy2:20190228185403j:plain

そして門を潜ると再び地下道へ、骨のドラゴンが何体か出現しますが、特に難しくないので、さらに進みます。

f:id:gummy2:20190228185519j:plain

4面のボスはなんとフランケンシュタインの人造人間。(フランケンシュタインは博士の名前)こいつは木偶の棒ですが、肩に乗っているせむし男が強く、無敵で跳ね回り火を吐いて来るので、それを交わしながら人造人間を攻撃します。

f:id:gummy2:20190228185742j:plain

人造人間を倒して宝玉をゲットして4面クリア

 

 

その3に続く