ジャンクな脳と記憶

レトロなゲームや読書の話題、ゆるりと。

人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない―思い通りに部下が動く“すごい”伝え方 ー妄想書評ー

 

 

前回についで妄想の書評を致す。この書評はまったく本の購入に寄与しない内容である。(そもそも読んでいない)タイトルなどを見て勝手気ままに書きなぐるものであり、なんの役にも立たないものである。

そもそも本屋で立ち読み文化が無くなった今となっては、アマゾンなどの電子書籍とか通販などでは本は博打に近くなってしまったので(試し読みとかレビューとかは今や役に立たなくなってしまった)どうせなら、もうタイトルだけで中身を決めてけてしまおうというのが趣旨だが、本当はネタが無いので適当に理由をつけているだけだ。

**********

 

紀伊国屋書店のランキングに「おっ」と思うもの(タイトルだけだが)あったので、今回は

人を動かしたいなら、「やれ」と言ってはいけない―思い通りに部下が動く“すごい”伝え方

という長いタイトルのビジネス書を妄想してみる事にする。

 

ところで、ビジネス書は、〇〇にてCEOとなり、ベンチャーの起業をした的な仰々しい経歴ばかりなのだが、こういったオレオレ的な発想の御仁が、自分のやり方を教えてやっていいぞ的な事で書くのだろうか?

たまには全然成功していない、ちりめん屋のオヤジの人生哲学みたいなのを出したらどうだろうか?まぁ売れないだろうが。

 

で、タイトルからして悩める管理職が読むであろう内容であろうか?バブル世代のおっさんが厳つい顔(なぜ彼らはいつも厳つい顔をしているのだろうか?)をしながら、中々言うことを聞かない若者の部下に業を煮やして、この本を手に取り、そうか!この手があったか!的な事を思うのであろうか。

 

こう言えば、こう返すというテンプレートが成り立つほど若者は愚かではないと思うが、ここでおっさん部長の田中部長がいたとする。

 

田中部長は叩き上げで、営業成績が認められ部長に昇進したのだが、彼の部下である新入社員鈴木くんは、どうも田中部長の言うことを馬鹿にしている風がある。

事あるごとに田中部長は「営業は足で稼ぐものだ!そこには楽な道はない!」と自分が叩き上げられた理論を部下たちに披露する。ところが、最近の若者はそういった理論が心に刺さらないらしく、事あるごとに「はあ」という気のない返事をするだけである。

 

「おい鈴木、お前はお客様への返礼をワープロで書いているそうじゃないか」

「はあ、そうですが」

「いいか、お客様への返礼はちゃんと手書きで書け、俺なんか筆ペンで何百枚と書いていたぞ、そうしないと心は伝わらないものだ」

「でも部長、顧客データーはデーターベースから直接印刷できるので、そのほうが効率が良いですよ、顧客もキレイに整えられたフォントのほうが読みやすいでしょうし」

 

若いやつはいつもそうだ、合理的とか効率とか生産性とか、俺が一般職だった頃は部長の言葉は金言であり、必ず服従の啓示のようなものだ。それをコイツは事にかいて「はあ」とか「出来ない」とか平気で言いやがる!

最近の若いやつはなっとらん!!!!

 

的な事はよく聞く話だ。

時代の違いと言ってしまえばそうなんだろうが、おっさんにはおっさんの言い分があり、若者には若者の言い分があるから、議論は噛み合うわけがないのである。

おっさんは自分の過去と照らし合わせて、何故自分のようにしないのかが疑問だし、若者は若者で何故、そんな現代的でなくかつ非効率な方法、そしておっさんの仕事命!という精神が理解できず、まるで異物を見るような扱いになるのは当然だ。

 

そんなおっさんは、言わば異世界から現れた若者を扱うため(都合の良いようにだが)このような本を手に取るのであろう。

 

ちなみに私がまだ若かった頃はロックブームであり、「世の中の歯車になるな!」的なメッセージが、頭がクシャクシャで逆だっていた(色も付いていた)歌手から発せられて、それを鵜呑みにする若者が一定数いたが(私の事だ)

ある意味、今の若者は図らずともそうなったのではないのだろうか?

もちろん、逸脱する事がない分、今の若者のほうがマシな気がする。

 

読んだ方、ぜひ内容を教えていただきたい。 

 

 

 

ゼロトレ―ZERO TRAINING 羽が生えたように軽くなるー妄想書評

 

 

まず、前置きをしておく。いままで適当な書評を書いていたが、どうやら誰の心にも刺さらない事を良いことに、あたかも「俺は意識高い系」みたいなフリをしていたのだが、自己啓発系は言ってしまえば「妄想のヤル気」的な文面がほとんどで、共感は出来るのだが、どうも自分は根っからのネガティブ野郎らしく、そういったものに一時的に感化されるのだが、すぐ弱音を吐く、言わば北斗の拳に出てくる「ラオウ」*1の対局にあるような人間なのだ。

そういったしょうもない人間がいくら、為になる的な本を読んでも、うがった考え方によって馬の耳に念仏*2的なものになってしまう事であろうし、著者から見ると絵に書いたようなダメ人間と罵倒されているような気がするのだ。

 

「だからお前のようなやつは駄目なんだよ」

「うるせえな、俺は俺の個性で生きているだ」

 

みたいなおっさん中二病を炸裂させて、言われてもいないのに俄然不機嫌になってしまうおっさんの書評など誰も興味などはないだろう。

というわけで、今回から読んでもいない本を勝手に想像して書評を書くという愚行を起こすことにする。

 

「え?意味がわかんないだけど」

と思った諸兄姉は正しい、俗にいうこういった事は「迷走」と呼ぶのだから。

 

で、早速くだらない妄想書評を書こうと思い立ったのだが、どうせならネタ的な

「劣勢からの逆転力 ガッツの知恵 ガッツ石松著」*3

みたいなタイトル見ただけで、もうどうでも良いものなのではなく(この本なら、もう読まなくてもタイトルで内容がすべて分かるので、非常に秀逸なタイトルだ)

一番ベストセラーなものを選んで見た。紀伊国屋書店で2018年8月11日時点で1位の売上を上げている「ゼロトレーZERO TRAINING 羽が生えたように軽くなる」だ。

タイトルだけ見ても、いったい何のジャンルなのかわからないが、おそらく啓発系の本であろうか、ゼロなんちゃら的な本の一派なのかもしれないが、体が軽くなるという文面があるので、まさかスピチュアル系か健康系か(どちらも人気のジャンルだ)とにかく売れているという事は、万人の興味がそそる内容に違いない。少なくともガッツ石松よりは万人受けするであろう。

 

ゼロトレというくらいだから、なにか練習しなくても達人になるという事の指南書であろうか?

しかし程度こそあれ、何かを会得するにはトレーニングは必要なのは、人間であれば当たり前のように思えるが、なんらかの裏技が記載されているものなのだろうか?

 

あるいはトレーニングなどしていない言わばニートのような人が、実は一番優れているという論理が繰り広げられるいわゆる応援的な本なのであろうか?

 

まあ、ともかくこの「トレーニング」というものは私のような人間には辛い思いでしかなく、ここで言う「トレーニング」というキレイな語録とは程遠い「シゴキ」というもののしんどさが思い浮かぶ次第である。

 

昭和生まれの方なら同意を得られそうだが、当時のスポーツ系のトレーニングはまんま「シゴキ」であった。

今なら問題になる「ウサギ跳び」やら「水は禁止」、すべて根性で切り抜ける的な(ここに来て再びガッツ論か)ものを思い浮かべてしまう。

そもそも中高生ぐらいの年頃はスポーツが出来ないと、蛇蝎の如く嫌われる傾向にあり、非モテである我々は否が応でもスポーツ部に入る事を(勝手に)強制される。

 

結果軟弱な人間(私の事だ)は3日で逃げ出し、「逃亡者」として残りの学校生活を送らなければならないのだ。

 

「逃亡者」はまるで「脱走兵」が如く嫌われるものなのだが、そもそもそんなに好かれていないのであまり気にならなった。そもそも「逃亡者」というレッテルが付かなくても「もやし」とか「貧乏」とかあだ名は付いていたのでもうこれ以上はスキルは不要であった。

 

結論を述べる。

この 「ゼロトレ―ZERO TRAINING 羽が生えたように軽くなる」はトレーニング中に逃げ出す軟弱者「逃亡者」でも平気になり「しょうもない人」に成り下がる本ということに決定しました。

読んだ方はぜひ感想を教えてください。

 

 

 

 

*1:漫画北斗の拳に出てくる主人公ケンシロウの義兄であり、最強の敵。ワイルドな風貌で腰に荒縄でも巻いていそうな男で豪快なイメージである

*2:馬にありがたいお経を聞かせても無駄ということ、つまり意志の弱いデブにダイエット本を与えても無駄という事である

*3:人生で大事なことは、「転ばないこと」ではなく、「転んだときにどうするか」だ。人生を変える48の言葉。青志社 (2009/1/24)これを自己啓発書として選択した青志社の編集者の敏腕さが伺える

それにすべての人間は支配される「習慣の力 The Power of Habit」

 

皆さんは毎朝起きると、顔を洗いコービーを飲み、朝食を摂ったり、スーツに着替えたり、だいたい順番が決まっているのではないだろうか?

それらは特別意識しなくても、無意識にルーチン通り、正確に行われる事があたりまえ過ぎて、その事すら気にかける事も無いのであろう。

この「習慣の力」はそのありきたりな習慣にスポットを合わせた書籍で、言い換えれば習慣というやつに我々は支配されているとも言えることを、改めて思い出させる良書である。

 

私達の脳は疲れやすく、エネルギーが必要な器官だ。その脳を常に覚醒させて、いちいち目の前のことを考えていたら、すぐにエネルギー切れを起こしたり、疲労のため動けなくなってしまってしまう。それに目の前のドアを開けるのに、色々な判断や可能性をその度考えていたら、前に進むことすらできないだろう。

習慣とは脳が作り出した、最も合理的な生き方なのだ。

 

悪い習慣と良い習慣

例えば、毎日の運動などの習慣は良い習慣と言えるだろう。それが、毎日の飲酒やギャンブルなどは、大体の人は悪い習慣と思うのではないだろうか?

だが、習慣は悪いものも良いものもメカニズムは同じだ。それにはきっかけとルーティン、そして報酬が絡んでいる。

悪いものも良いものも、その人にとって報酬があるから習慣となるわけで、それが運動をすることによって自分の体が引き締まって気分が良いとか、あるいはギャンブルで当たる事によって射幸心を煽られ、結果幸福感に包まれるので習慣になる、などだ。

 

だが、どれも自分の習慣の正体を知ることによって、その習慣を変える事ができる。

チョコレートを食べるのは、空腹のためなのか?、それとも暇だから刺激が欲しいのか?(大体のものには刺激が欲しいだけのものも多く、その際は代替えのもので事足りるのである、チョコレートの代わりにガムでも良い)

そしてきっかけを理解する事によって、(その場所に行くとタバコが吸いたくなる、とかその人と合うと酒を飲むとかだ)きっかけになる事を控え、代わりに別の習慣をすり替える事ができる事を本は示唆している。

 

習慣の繰り返し

毎日は小さな習慣の繰り返しである。この事を言い換えると人生は習慣でできていることになる。この習慣の力は色々なエピソードと実験によって科学的に「習慣」を解明しようとしていて、その正体を見極めると、それは人間の生き方すら変わってしまうと感じるのだ。

つまるところ、自分の求めている自分自身を手に入れるには習慣してしまうという事が、その道を手に入れる最短の道という事だ。

 

この習慣の力は、成し遂げたいものがある人はぜひ一読してみると良い。なぜなら習慣とはあなたの人生そのものであるからだ。

 

 

その正体は?ハーメルンの笛吹き男ー伝説とその世界

 

みなさんも一度は聞いたことがあるハーメルンの笛吹き男の話。古ドイツの昔話であり、ある意味教訓めいた内容と、その不気味な結末に童話というより、ホラーのような展開にうすら怖くなった覚えはないだろうか?

 

古ドイツの伝承では「ブルーメンの音楽隊」があるが、それと対比すると、その不気味さが浮き出てくる。

 

1284年、ハーメルンの町にはネズミが大繁殖し、人々を悩ませていた。ある日、町に笛を持ち、色とりどりの布で作った衣装を着た男が現れ、報酬をくれるなら街を荒らしまわるネズミを退治してみせると持ちかけた。ハーメルンの人々は男に報酬を約束した。男がを吹くと、町じゅうのネズミが男のところに集まってきた。男はそのままヴェーザー川に歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。しかしネズミ退治が済むと、ハーメルンの人々は笛吹き男との約束を破り、報酬を払わなかった。

笛吹き男はいったんハーメルンの街から姿を消したが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び現れた。住民が教会にいる間に、笛吹き男が笛を鳴らしながら通りを歩いていくと、家から子供たちが出てきて男のあとをついていった。130人の少年少女たちは笛吹き男の後に続いて町の外に出てゆき、市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった。そして穴は内側から岩でふさがれ、笛吹き男も子供たちも、二度と戻ってこなかった。物語によっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた1人の子供、あるいは盲目聾唖の2人の子供だけが残されたと伝える。

wikipediaより

 

笛吹き男は誰だったのか?子どもたちはどこにいったの

か?

ちくま文庫の「ハーメルンの笛吹き男」は伝説を真面目に研究したものであり、デタラメな俗説を一蹴し、歴史的な証拠を元に解明を試みている。

こういった物語を分析するには、当時のドイツの状況を知らなければならず、本の大半はハーメルン市の歴史に多くを割いている。

 

笛吹き男は道化?

笛吹き男は伝説によると色々な生地をつけた派手な男だったと明記があるが、当時のドイツは道化などの身分の低いものは、色付きの服を着ることは禁じられたため、笛吹き男は貴族ではなかったか?

時代は殆どが未開拓地であったため、またハールメンも大変貧しく、市民として認められない選民がいくらでもいた。職業の自由もなく、日々生きていくことが大変であった時代だ。そして、どこかの貴族が「移民」を集って新しい土地に向かったのかも知れないち、仮説の一つを上げる。

この説は反論がかなり有るらしいが、笛吹き男という隠語で隠された人物が、子供を(自由意志で)連れて行ったなら(新しい土地では市民になれると)あとに付いて行く子供たちはいたのであろう。

 

市民の約束を反故した事による教訓?

単なる「ウソの抑制」のための作り話であるなら、よくできた話であるが、それなら他にある幾つかの教訓めいた話とどこが違うのだろう。

このハーメルンの笛吹き男の話はどこかファンタジーでありながら、現実的な迫力がある。これは必ず元になった話があるはずである。

 

伝説は今も生きている。

ハーメルン市では今も笛吹き男の伝説は生きていて毎年6月26日は祭日として祀っている。現代にも息づく伝説は、なんとこの本を読んでも分からないが、(仮説は幾つものっている)ドイツの風土やより詳しく、且つ学術的に調べたいなら、この本は大変参考になるのではないだろうか。

 

 

男はつらいよ「隻眼の少女」

 

男というのは辛いである。もちろん女性も辛いだろうが、男たるもの幼少期を過ぎるとどうしてあんなにもしょうもなくなってしまうのであろう。

思うに男性は中学生を境目に子供っぽさが抜けず、見た目がどんどん劣化して、愚痴っぽくなり、それでいて若い女が好き。

という文章に起こしただけでもしょうもない感じが出てしまうのはもはや運命なのであろうか。

 

もはや「かわいそう動物」の名を冠したような男性の諸君が「そんなー」と思わず声を出してしまいそうな物語が今回の「隻眼の少女」である。

 

麻耶雄嵩特有の「そりぁないぜ」感が今回も健在であり、なんども起こる「そんなー」に読んでる方は心配になるほどだ。

 

自殺する場所を求め寒村の温泉宿を訪れた大学生の種田静馬は、村の伝説の地で起こった少女の首切り事件に遭遇する。被害者は古から村を支配するスガル様の後継者で、九年後に起こると予言される大難事に備えるべく修行をしていた。犯人の罠により殺人犯と疑われた静馬を見事な推理で救った水干姿の十八歳の隻眼の少女の名は御陵みかげ。名探偵であった亡き母、御陵みかげの遺児で、母の名を継ぐべく、元刑事の父の手ほどきで各地で探偵としての修養を積んでいた最中だった。静馬は助手見習いとして、みかげと共に被害者の琴折屋敷へ向かうが、そこでは第二第三の殺人が待ち受けていた。三つ児の三姉妹、そして父を失いながらも難事件を解決したみかげ。だが、18年後に同じ現場で18年前を再現するような悪夢が……。絶品の超絶本格ミステリー。

あらすじより

 

現代と過去が行き交いするミステリーで、旧家、因縁、不可能犯罪とくるお約束な展開であり、主人公の「種田静馬」が鬱キャラで、名探偵の娘「ミカゲ」がツンデレキャラとくれば、「ほんわかミステリー」的なものかと思えば、

「そりゃひどいよー」

と言いたくなる事請け合い。主人公の種田静馬がなんか可愛そうと思えるないようなのである。種田はうじうじキャラなので、イライラする人もいるかも知れないが、そういうのは多感な男子ならなんとなく経験する事なので、その結果にはなんとも複雑な思いをする人もいるのではないだろうか。

 

 

どんでん返しが好きで、因習、旧家、巫女などのキーワードにビシッとくる人はぜひ読んで見てください。

 

最後はなんとか救われるので、途中で読むのを辞めないように!

 

タイトルは気後れするが「絶対達成マインドの作り方」

 

皆さんは朝上司が朝礼などで「やればできる」的な発言をしたらどう感じるだろうか?

「できるわけねーよ」

「そういう根拠もない事を言わないで欲しい」

的な感情が浮かぶ方も多いのではないだろうか。

それは確かにそうなのだろが、そういった「根性論」的な発想は現代的ではなく、下手をすれば「パワハラ」的に取られえられる可能性すら有ると思う。

その根拠もなく、都合のいい言い方の精神論は人気が無いが、アドラーの理論に則って言えば、

「出来るから、やる気が湧いてくる」とも言いかえる事が出来て、つまるところ今回の本「絶対達成マインドのつくり方」はそういった、ムキムキマッチョな体育教師的な精神論をわかりやすく説いたものと言えそうだ。

 

内容は

著者の経歴からスターとして、物事の「達成」のエピソードと、実践の為のアドバイスという構成で出来ている。

著者はコンサルタントであり、普段は企業の教育や相談を承っているらしく、主に会社員である人に向けて書いていると思われる。

 

当たり前化

色々な事を「当たり前」に変えていく事を著者は説いているが、色々なやらなければならないことを達成する事を「当たり前化」として、とくに気張らなくてもこなして行く事を求めているが、これはかなり厄介である事は想像に易いが、つまるところ「経験」が必要であり、慣れればOK的な手法で有ることが分かる。

 

多くの指南書やビジネス書が説いている。とにかくやれ!的な手法と、後半は生産性の話が続くが、森田療法やアドラーのように「理屈ばっか言っていないで、とりあえずやれ!」という内容の本なので、そういったセミナーなどが非常に宗教ぽいので、駄目な人は駄目なのだろうが、色々なビジネス書を読んで見ても大体は「やるだけ」的な事が書いてあり、この本もそれに習っている事が分かる。

 

ノイズを無くす

だれしもそうだが、うまくいかない時は何かしら理由をつけて、やらないものだ。

電子グッツを買い換えるとか、使いやすい文具を買ってから始めるとかは全てノイズであり、始めるならそんなものはどうでもよく、とりあえず始める、というのが正しい姿なのだろう。

 

色々な情報が我々を翻弄するが、仕事を成し遂げる事だけを考えるためには、それ以外はシャットダウンする事が必要なのであろう。

 

小理屈をならべたビジネス書が嫌気が指したなら、一読すると良いでしょう。

 

 

名前に隠された秘密「祝山」

 

「祝山」と名がついた山があったとしたら、あなたはどう思うだろう。きっと縁起が良い事が起きそうな気がするが、実は「祝山」は「位牌山」が変容したのだとしたら、

 

ホラーと聞くと、見た目クチャクチャな女(あるいは男、ジジイなど)が突然現れて、脅かすのが定番となっているが、そんなのはお化けでなくても驚くに決っている。(余談だが、玄関先に見知らぬおっさんが雨宿りしていた時は、おっさんでもお化けよりホラーであった)

実は一番怖いのは目に見えない力「祟り」でありこの「祟り」は「伝染病」と同じで防ぎようがない事に中々の恐怖を感じる。そして「祝山」の物語は「祟り」の物語なのだ。

 

ストーリー

 

ホラー作家・鹿角南(かづのみなみ)のもとに、旧友からメールが届く。ある廃墟で「胆試し」をしてから、奇妙な事が続いているというのだ。ネタが拾えれば、と軽い思いで胆試しのメンバーに会った鹿角。それが彼女自身をも巻き込む戦慄の日々の始まりだった。一人は突然の死を迎え、他の者も狂気へと駆り立てられてゆく――。著者の実体験を元にした究極のリアルホラー!

あらすじより

 

いわゆる、導入時「肝試し」そして呪いスタートの展開だが、主人公はホラー作家であり、いわゆる「視える人」、友人は「呪われる人」という展開である。

「祝山」を巡る「祟り」は後日まで続き、やがてなんとも奇妙な結末を迎える。

主人公が「視える」関係上、「祟り」を分析するのがこの本の醍醐味だが、無理な展開は控えめで、リアル路線で描かれている。

したがって色々消化不良な感じで物語は幕を閉じるのだが、それが、実世界には不可解であり、その正体は分からない、という不気味さを演出していると思う。

 

因縁は時を超える

教訓めいた内容のようだが、日本というのは改めて「荒ぶった神」に支配された国だと思う。色々な荒ぶった神を祀るため、神社を建て、山を祀り、海を祀る、建物にも神が宿り、人を翻弄としていく。

そんな荒神を堪能したいなら、是非「祝山」を読んでみよう。